*

音楽・イベントの「良さ」を伝える難しさ

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 マーケティング

自分達の音楽の良さ、企画イベントの楽しさを伝える事って難しいですよね?

ただ知らない出演者を羅列して「どのバンドもカッコいい!」「絶対損はさせません!」
「楽しめること間違いなし!」なんて告知した所で、
興味ない人には全然刺さらないんですよね・・・。

こおろぎさんのブログはいち早くそういった定期ツイートの意味のなさを指摘していました!
本当いつもタメになる記事をありがとうございます。

コアなファンを失うリスクがある「定期ツイート」はもうやめよう。代わりの宣伝方法も提案するから。コアなファンを失うリスクがある「定期ツイート」はもうやめよう。代わりの宣伝方法も提案するから。

そこで、自分も2014/11/16に「NORTH WIND WAVE2014」という、群馬県高崎市の中心市街地の6会場を使って行う音楽サーキットの実行委員に携わっているので、いろいろと効果的な告知について勉強してみました。

(イベントの告知はまた後日させて頂きます)

Book1

Facebookマーケティング戦略

こちらは有名なトライバルメディアハウスの池田紀行氏の著書。
Facebookは、音楽的な話題がシェアされづらいので、まず仕組みや活用例を学ばないとです。

イベント運営完全マニュアル

次にイベントの実行委員をやるにあたって、ちゃんとリスクマネージメントして
素人企画のグタグタ感がでないようにしないとです。

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)

最後もトライバルメディアハウスの池田氏と「新版 戦略PR」
の著者 本田氏による著書。

ソーシャルメディアを使ってどう人を動かしたらいいかのアイデアがもらえました。

単に音響や映像制作といった技術だけでなく、
マーケティングや運営の知識も身につけ、新たな価値を提供していきたいですね!

関連記事

地域密着型音楽サーキットイベントの運営に携わって

11/16に地元群馬県高崎市の中心市街地のライブハウス・クラブ6会場を 使ったサーキットイ

記事を読む

セルフブランディングを考える

カメライター かさこさんが編集された「かさこマガジン」を読んで 自分は何がしたいのか、できるのかを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ライブハウススタッフ→バンド→映像制作・レコーディング→楽器店を経て2014年4月より音響・映像制作のフリーランスとして独立。インストアライブや地域イベントのPAオペレーター、番組制作・技術をやってます。

PAGE TOP ↑